PR

 米国の市場調査会社Cahners In-Stat Groupは,DVIとHDMIの今後の普及の程度を予測した(発表資料)。それによると,2007年にDVIの市場が衰退し始める一方,HDMIインタフェースに対応した機器の出荷量は2010年まで年平均78%成長するという。

 HDMIは家電市場において既に主要なデジタル・インタフェースになった。最近ではデジタル・テレビだけでなく,セット・トップ・ボックスやDVDプレーヤー,AVレシーバ,ゲーム機など周辺機器分野でも優勢な地位を占める。また,パソコン市場においても牽引力を持ち始めたという。DVIは主にパソコンと周辺機器の市場を狙うが,次世代ビデオ・インタフェース規格「DisplayPort」が現れることによって,2007年以降は衰退していくと予測する。

 この分野で新たなトレンドになると予測されるのが無線通信インタフェースである。UWBによる伝送やミリ波を使うWirelessHDなどが現れ,今後2~4年のうちに無線通信インタフェース市場が成長すると同社では予測する。