PR
NEW浴Programのシステム構成
NEW浴Programのシステム構成
[画像のクリックで拡大表示]
NEW浴Programの操作画面
NEW浴Programの操作画面
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ガスと東邦ガス,NTT,NTTコミュニケーションズの4社は,ユーザーの好みに合わせて浴室のガス機器や家電機器を制御する「NEW浴Program」の実験を開始した。東京ガスと東邦ガスが快適な入浴方法の研究成果を,NTTが機器の遠隔制御技術を,NTTコミュニケーションズが香り発生器などの技術を提供している。2007年3月末まで実験を続けて,事業性などを検証する予定である。

 NEW浴Programは,浴室にあるリモコンなどの入力装置でユーザーが選択した入浴プログラムに合わせて,ミスト・サウナや浴室暖房機などのガス機器,照明機器,香り発生装置,ディスプレイ,HDDレコーダなどを制御して「五感に訴える浴室環境を実現する」(東京ガスら)。「リラックスプログラム」を選ぶと,浴室の温度,湿度,明るさ,香り,映像,音楽などが,ユーザーがリラックスできるように変化するという。例えば香り発生器は,6種類のアロマ・オイルを調合して所望の香りを発生する。
 ユーザーの好みに合った浴室にする機能のほかに,緊急地震速報を活用して地震発生時にはディスプレイ上に予測震度や地震到達予想時刻を表示する機能も備えている。

 機器の遠隔・自動制御にはOSGi(open service gateway initiative)技術を用いており,1台のゲートウェイに複数の機器の制御ソフトウエアをダウンロードして集中制御している。新しいサービスや機器を追加する際には,ゲートウェイがサービス管理サーバーなどと連携して必要なソフトウエアをダウンロードして実行する。