PR

 米Yahoo! Inc.とフィンランドNokia Corp.は,2006年11月29日,携帯電話機向けインターネット・サービスの提携を拡大すると発表した(発表資料)。Nokia社の普及機向けソフトウエア・プラットフォーム「Series 40」に対応する携帯電話機に,Yahoo!社がパソコン向けに提供しているWebメールの「Yahoo! Mail」やインスタント・メッセンジャー「Yahoo!Messenger」,個人情報管理ツールの「Yahoo! Personal Information Management」といったサービスを提供する。

 今回提供されるサービスの特徴は以下のとおり。「Yahoo! Mail」は,携帯電話機で電子メールを受け取れるほか,受け取ったメールを携帯電話機のメッセージ・ボックスで管理できる。ネットワークと接続していない状態でも端末内にメッセージを保管可能である。「Yahoo! Messenger」では,パソコン利用時と同じようにメッセージと顔文字を送受信可能。また,友達や家族などの間でお互いに端末のオン/オフといった状況を示せる。「Yahoo! Personal Information Management」では,スケジュールなどの個人情報をパソコンと携帯電話機で同期させて利用する。

 これらのサービスは,当初はNokia社の新機種「Nokia 6300」,「Nokia 5300 XpressMusic」,「Nokia 5200」で利用できる。Nokia社は,パソコン上で提供されるインターネット・サービスを携帯電話機と同期させることは「Series 40」対応の端末を普及させる牽引力になると説明する。

 Yahoo!社とNokia社は2005年4月から携帯電話機向け検索サービスなどで提携している。