PR

 韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,ITU TELECOM WORLD 2006の開催に合わせて,同社の「Ultra」シリーズ3モデルを発表した。「Ultra Music」「Ultra Video」「Ultra Messaging」で,その名のとおり,それぞれ音楽,映像再生,メッセージ送受信に特徴を打ち出した機種である。

 会場では発表した3モデルに加えて,携帯型音楽プレーヤのような形状の小型機種や女性向け端末など多種多様な製品を出展した。このほか,韓国で商用サービスが始まったというモバイルWiMAX(韓国でのサービス名は「WiBro」)対応機種も出展した。

 会場で配布している資料では,ここ数年の同社の携帯電話機事業の実績を見ることができる。それによると,2001年に2860万台だった販売台数はその後ぐんと伸び,2005年の実績では1億台を超えている。市場シェアは,2001年に7.3%だったが,2004年には12.7%まで上昇した。2005年は若干下がって12.6%だった。

Ultra Music「F300」。音楽フォーマットは,MP3,AAC,AAC+,enhanced AAC+,WMAに対応する。著作権保護方式などデータ転送用のプロトコルは,Windows Media DRMとMTP(media transfer protocol)を備える。映像フォーマットはMPEG-4とH.263に対応する。Bluetoothヘッドセットが利用でき,Bluetoothのステレオ・ミュージック・プロファイルをサポートする。100Mバイトの内蔵メモリを搭載する。GSM/GPRS/EDGEに対応
Ultra Music「F300」。音楽フォーマットは,MP3,AAC,AAC+,enhanced AAC+,WMAに対応する。著作権保護方式などデータ転送用のプロトコルは,Windows Media DRMとMTP(media transfer protocol)を備える。映像フォーマットはMPEG-4とH.263に対応する。Bluetoothヘッドセットが利用でき,Bluetoothのステレオ・ミュージック・プロファイルをサポートする。100Mバイトの内蔵メモリを搭載する。GSM/GPRS/EDGEに対応
[画像のクリックで拡大表示]
Ultra Video「F500」。対応する音楽フォーマットは,F300と同様,MP3,AAC,AAC+,enhanced AAC+,WMAだが,映像フォーマットはMPEG-4のほかにMPEG-4 AVC(H.264),DivX,WMVに対応する。データ転送用のプロトコルとしては,Windows Media DRM ,MTP(media transfer protocol),DivX DRM,OMA DRM。400Mバイトの内蔵メモリを搭載する。UMTS/GSM/GPRS/EDGEに対応
Ultra Video「F500」。対応する音楽フォーマットは,F300と同様,MP3,AAC,AAC+,enhanced AAC+,WMAだが,映像フォーマットはMPEG-4のほかにMPEG-4 AVC(H.264),DivX,WMVに対応する。データ転送用のプロトコルとしては,Windows Media DRM ,MTP(media transfer protocol),DivX DRM,OMA DRM。400Mバイトの内蔵メモリを搭載する。UMTS/GSM/GPRS/EDGEに対応
[画像のクリックで拡大表示]
Ultra Messaging 「i600」。OSとしてWindows Mobile 5.0を採用,QWERTY方式のキーボードを搭載する。無線LAN(IEEE802.11b/g),Bluetoothにも対応する。RSSリーダーを備えるほか,ポッドキャストも利用できる。HSDPA/UMTS(W-CDMA)/GSM/GPRS/EDGEに対応
Ultra Messaging 「i600」。OSとしてWindows Mobile 5.0を採用,QWERTY方式のキーボードを搭載する。無線LAN(IEEE802.11b/g),Bluetoothにも対応する。RSSリーダーを備えるほか,ポッドキャストも利用できる。HSDPA/UMTS(W-CDMA)/GSM/GPRS/EDGEに対応
[画像のクリックで拡大表示]
携帯電話機型のWiMAX端末「SPH-M8100」(左)。韓国の通信事業者KTFが販売しているもの。フルキーボードを備えた「SPH-P9000」。同日開催したイベント「CEOラウンドテーブル」で携帯電話事業部門トップのKae Tee Lee氏が手にしてアピールした
携帯電話機型のWiMAX端末「SPH-M8100」(左)。韓国の通信事業者KTFが販売しているもの。フルキーボードを備えた「SPH-P9000」。同日開催したイベント「CEOラウンドテーブル」で携帯電話事業部門トップのKae Tee Lee氏が手にしてアピールした
[画像のクリックで拡大表示]
PCカード型の「SPH-M1100」。携帯電話機型の「SPH-M8100」と同様,KTFが販売中という
PCカード型の「SPH-M1100」。携帯電話機型の「SPH-M8100」と同様,KTFが販売中という
[画像のクリックで拡大表示]