PR

 JFEスチールは,プレス成形に適した合金化溶融亜鉛めっき(GA)鋼板「JAZ(JFE Advanced Zinc)」の量産体制を確立し,自動車メーカーへの本格的な供給を始めた。亜鉛めっきの表面を改質し,nmオーダーの厚さの表面改質層を形成することで,プレス金型との凝着を抑制している。

 GA鋼板は,鋼板に溶融亜鉛めっきを施し,再加熱することで亜鉛層と鉄を合金化したもの。この合金化層を形成することで,金型との摩擦抵抗が低くなるため,プレス成形性に優れている。自動車車体用の防錆鋼板に関しては,車体の設計自由度や生産性の観点から潤滑性が高いタイプのGA鋼板の需要が増えている。従来は,GA鋼板の表面に電気めっき,リン酸塩,金属塩などの潤滑皮膜を付着していたが,こうした物質を使わずに,鋼板とプレス金型の摩擦で生じる凝着を防げるようにしたという。

 従ってJAZは従来のGA鋼板と異なり,リン酸塩や重金属を含んでいないため,環境性にも優れている。また,溶接性や接着性,化成処理性,塗装性は従来のGA鋼板と同じレベル。サイドパネルやドアパネル,ホイールハウス,フェンダなど成形の難しい外板および内板に適している。

 同社では,東日本製鉄所と西日本製鉄所でJAZの量産体制を確立。さらに,西日本製鉄所に建設中の新ラインや,中国の生産拠点である広州JFE鋼鉄においても生産していくという。

プレス成形性の比較
プレス成形性の比較
[画像のクリックで拡大表示]