PR

 米CableTelevision Laboratories, Inc.(CableLabs)とEuroCableLabs社は,ケーブル・モデムの標準規格DOCSIS3.0に対応する機器の情報提出(RFI:Request for information)を求めた(発表資料)。DOCSIS3.0は,ケーブルテレビを用いたインターネットの大幅な高速化を可能とするケーブル・モデムの規格である。下りで最大160Mビット/秒あるいはそれ以上,上りで120Mビット/秒あるいはそれ以上のデータ伝送が可能。

 具体的には,DOCSIS3.0に対応するモデムとCMTS(Ccable modem termination system),E-MTAs(パケット・ケーブルを組み込んだマルチメディア・ターミナル・アダプタ)に関する情報を求める。DOCSIS 3.0の仕様を満たすためにどんな製品が現在開発されているかを探るのが目的。ケーブルテレビ事業者が,IP技術を利用した音声やデータ,ビデオなどを複合する通信の事業プランを策定するのに役立てられるという。