PR
国内産業分野別IT市場成長率
国内産業分野別IT市場成長率
[画像のクリックで拡大表示]

 IT専門調査会社IDC Japan(本社東京)が,2006年上半期(1月~6月)における国内の産業分野別のIT市場規模の調査結果を発表した(発表資料)。それによると,2006年上半期の調査時点で,2006年通年のIT市場全体は対前年比1.7%増の11兆8218億円と見込む。パソコンの買い替え需要が一巡して出荷台数が横ばいになる上に,単価が下落し,IT市場全体の成長を押し下げることなどが,低成長が見込まれる原因である。

 産業別に見ると,市場を牽引したのは金融,通信,製造の分野。成長率の高い順に「証券/その他金融機関」の5.8%,「銀行」の5.2%,「通信/メディア」の3.9%,「組立製造」の3.0%となる。証券,銀行といった金融機関が伸びたのは,金融業界で不良債権処理がほぼ終了し,公的資金の返済を終えた大手金融機関のIT投資が活発化したため。同じく堅調に成長した通信業界は,NGN(Next Generation Network:次世代通信網)に関連したインフラへの投資が拡大している。IDC Japanによると,IT関連製品のベンダは高成長分野に特化した商品を開発し,シェアを拡大することによって業界平均以上の成長を実現できるという。そのためには,業種や業務に特化した共同アウトソーシング・センターやASPといったインフラサービスへの投資,特定の業種におけるブランドの確立といった対策を講じることが必要という。

 企業/公共部門と消費者に市場を分けて見ると,消費者市場の落ち込みが目立つ。2006年の成長率は対前年比6.9%減の見込みである。これは消費者市場の大半をパソコン市場が占めるからである。パソコン市場は買い替え需要が一巡して,出荷が伸び悩んでいる。一方,企業/公共部門は対前年比2.6%と堅調な成長率を見せる。

 全体の動向としては,今後もIT投資は継続して拡大し,2010年までに再びマイナス成長に陥ることはないという。2005年~2010年の5年間のIT投資の平均成長率は1.9%で,2010年には国内のIT市場は12兆7844億円になると予測する。