PR

富士通メディアデバイスは,2GHz帯利用のW-CDMA方式の携帯電話機に向けたFBAR(film bulk acoustic resonator)フィルタを試作,高周波関連の展示会「マイクロウェーブ展 2006」に参考出展した。海外の携帯電話機メーカーに向け,2007年春にも量産出荷する予定という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料