PR
2006年11月にゼロ・エミッションを達成した中山工場
2006年11月にゼロ・エミッションを達成した中山工場
[画像のクリックで拡大表示]

 住友ゴムは,グループ会社のSRIハイブリッド(本社神戸市)が中国・中山工場でゼロ・エミッションを達成したと発表した。同グループは,海外の生産工場すべてでゼロ・エミッションを達成したことになる。なお,同グループでは,直接埋め立て廃棄物の発生量が全廃棄物排出量の1%未満であることをゼロ・エミッションとしている。

 今回,ゼロ・エミッションを達成した中山住膠精密橡膠は,OA機器用の精密ゴム部品を製造する拠点。2004年12月にISO14001を取得すると同時に,廃棄物削減への取り組みを強化した。まず,意識改革の勉強会を開催して分別回収を徹底させたほか,廃棄物の発生を抑制。それとともに,廃棄物の再利用方法を開発することで埋め立て処理するゴミの比率を下げ,2006年11月にゼロ・エミッションを達成した。

 国内については,住友ゴムが2001年,すべての工場でゼロ・エミッションを達成。2005年には国内の全工場で完全ゼロ・エミッション(直接埋め立ての廃棄物の発生を完全になくすと定義)を達成している。