PR

 IDC Japanは,国内のストレージ機器の市場調査の結果を発表した。それによると,2006年上半期の外付型と内蔵型を合わせたストレージ機器の市場は,売上高が対前年同期比2.0%増の1418億8100万円,出荷容量が同48.8%増の93P(ペタ)バイトである。売上高がプラス成長を示した要因は,価格が500万円未満のオープン・システム向け外付型機器が対前年同期比11.8%増の好調を示したことと,これまで減少を続けてきたメインフレーム向け機器が官公庁向けの大型特需などで対前年同期比2.3%増になったことだという。一方,価格が500万円以上のオープン・システム向けの外付型機器の売上高は前年同期を下回る結果となった。

 2006年上半期の市場を「DAS(direct attached storage)」「NAS(network attached storage)」「SAN(storage area network)」といったストレージの接続形態別に見ると,NASが対前年同期比12.3%増と高い成長を示す。この背景には,急増する電子メールや画像といったデータに対する管理ニーズの拡大があるという。
 
 IDC Japanは,2005~2010年の外付型と内蔵型を合わせた国内のストレージ市場の年間平均成長率を,売上高で0.5%,出荷容量で57.1%と予測する。2010年には,売上高で2921億8900億円,出荷容量で1377Pバイトに達するという。出荷容量に関して高成長を予測する要因は,法規制や企業の内部統制強化に対応した業務データの長期保存の需要拡大や,データ保護や事業継続性を目的とする複製データの需要拡大があるという。接続形態別に見た市場では,NASやSANといったネットワーク接続型のストレージ市場が特に期待できるという。同社では,2005~2010年の売上高の年間平均成長率を,ファブリックSAN(ファイバー・チャネル対応SANとiSCSI対応SAN)で12.3%,NASで14.7%と予測する。