PR

 IDC Japan(本社東京)は,2006年第3四半期(7~9月)の国内のパソコンの出荷実績を発表した。それによると,国内のパソコンの総出荷台数は対前年同期比2.6%減の354万台だった。この市場の低迷は,対前年同期比7.0%減となった家庭向け市場の影響が大きいという。家庭向け市場の縮小は薄型テレビとの需要の競合や,2007年1月に予定されている米Microsoft Corp.の「Windows Vista」発売前の買い控えが要因だという。ビジネス向け市場はパソコンの買い替え需要の谷ではあるものの,家庭向け市場に比べれば減少の少ない対前年同期比0.1%減にとどまった。

 2006年第3四半期のメーカー別のシェアは,1位がNEC,2位が富士通,3位がデル,4位が東芝,5位が日本ヒューレット・パッカードとなった。メーカー別に出荷台数の成長率を見ると,伸び悩むメーカーが多い中でデルが大きい伸びを示した。デルは対前年同期比20.6%増で,2期連続の2ケタ成長を記録した。シェアでは直前期の2位から3位に後退したものの,他の上位メーカーでこれほど出荷台数を伸ばしたメーカーはない。上位5社の中で他に出荷数を増加させたのは富士通。対前年同期比0.3%増で直前期の3位から2位に上昇した。富士通は2005年よりも値引きによって獲得する案件を増やす戦略を取っており,ビジネス向け市場では対前年同期比3.3%増となった。首位のNECは直前期の首位を維持したが,家庭向け市場での低迷が響いて出荷台数は対前年同期比の5.7%減である。

 2006年第4四半期は,家庭向け市場の落ち込みが続く見通しだという。2007年のMicrosoft社のWindows Vista発売に向けて年末商戦でも買い控えが発生し,需要は2007年に持ち越される見込みである。また,需要変動が例年と異なるため,メーカーの出荷計画にも影響が及ぶという。ビジネス向け市場においても買い替え需要の谷はまだ続き,鈍化傾向が続く見通しである。


2006年第3四半期 国内パソコン出荷台数シェア


2006年第3四半期 出荷台数成長率(対前年同期比)