PR

 米Altasens, Inc.は,HDTV映像に対応したCMOSセンサ「ProCamHD 3570」の量産出荷を近く始める(ニュース・リリース)。放送局用カメラの大手である池上通信機が採用を決めたからだ。

 池上通信機は,ProCamHD 3570を使った複数機種を開発しており,まもなく発売する予定である。CMOSセンサを使った業務用カメラはソニーが「HVR-V1J」を販売している。この機種は撮像素子を使った3板式だが,池上通信機が発売する機種はProCamHD 3570の仕様から考えると単板式になるようだ。

 ProCamHD 3570は,1080/72pや1080/144iといった高速モードのほかに,1080/60i,NTSC,PALに対応した映像を出力できる。光学サイズは2/3型。有効画素数は2112×1188(251万)。ISSCC 2005で発表した試作品を基にしている。当時の論文や技術情報,この品種の仕様は,同社のTechnologyページの右端からアクセスできる。

 Altasens, Inc.は,オリンパス系の商社であるITXと,米Rockwell Scientific Company, LLCが設立したファブレス企業である。