PR
米Cisco Systems,Inc.のIP遠隔会議システム「Cisco TelePresence」
米Cisco Systems,Inc.のIP遠隔会議システム「Cisco TelePresence」
[画像のクリックで拡大表示]
無線LAN機能搭載の携帯電話機を用いた「ワンフォン」システム。2007年春にNTTドコモが発売予定のNEC製「FOMA N902iL」を利用する。
無線LAN機能搭載の携帯電話機を用いた「ワンフォン」システム。2007年春にNTTドコモが発売予定のNEC製「FOMA N902iL」を利用する。
[画像のクリックで拡大表示]
日立製作所の「サービスゲートウェイ」。OSGiのフレームワークに準拠する。
日立製作所の「サービスゲートウェイ」。OSGiのフレームワークに準拠する。
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTとNTT東日本,同西日本は,次世代ネットワーク「NGN」のフィールド・トライアルを開始した。日立製作所,松下電器産業,NEC,ソニーといったエレクトロニクス・メーカーのほか,通信機器メーカーのシスコシステムズ,さらにインターネット接続事業者など,計12社が開始時点で参加している。

 フィールド・トライアル開始と同時に,東京や大阪でNGNのショールームを開設し,報道陣などに公開した。ショールームで展示しているのは,例えば,米Cisco Systems,Inc.のHDTVの映像を用いた等身大のIP(internet protocol)テレビ会議システム(関連記事),従来の約2倍の帯域を用いて高い音声品質を確保したIP電話機やIP電話会議システム,無線LANの通信機能を搭載した携帯電話機を用いて屋内ではIPネットワーク網を用いて無料で通話できるNTTドコモの「ワンフォン」システム,電話機やテレビの端末間での帯域保証を実現するサービス品質の制御技術,などのデモンストレーションである。

複数のサービスを1台のゲートウエイ経由で実現

 この中で,日立製作所は,「OSGi(Open Services Gateway Intiative)」と呼ぶソフトウエアを部品化する枠組みを利用した,ホームセキュリティ・システムや自宅にいる患者の状態をモニターして病院などに知らせる介護ヘルスケア・システムを開発し,デモンストレーションを公開した。

 システムは,サービス・ゲート・ウエイ(SGW)を利用し,ネットワーク経由で家庭内の各種端末のソフトウエアを設定,または更新などができることを想定する。SGWには,OSGi release 3の仕様に基づくJavaベースのソフトウエアの実行環境を搭載した。これにより「異なるサービス事業者が各々のサービスを1台のSGWを通して家庭に届けられるようになる」(日立製作所)という。