PR

右が新製品のCF-30。従来機よりディスプレイの輝度を大幅に向上させた

10.4型液晶を備えたCF-19。小型きょう体だがCore Duoを搭載する

 松下電器産業は2006年12月20日、耐衝撃性や防滴性などを高めた業務用ノートパソコン「TOUGHBOOK」の新機種「CF-30」「CF-19」を発表した。デュアルコアCPUを搭載するなど処理性能を従来機より高めたほか、屋外で使用するユーザーに向けて外光下でも視認性の高い液晶ディスプレイを搭載するなどの改良を施した。CF-30は2007年2月1日、CF-19は2月26日に受注を始める。価格は個別見積もりだが、CF-30は45万円前後、CF-19は30万~35万円程度の見込み(発表資料)。

 CF-30は13.3型液晶ディスプレイを備えた、いわゆるオールインワン型機種。CF-19は10.4型液晶ディスプレイを採用した小ぶりなきょう体で、ディスプレイ部に2軸ヒンジを設けており、画面を外向きにして畳んで使えるのが特徴だ。重さは順に3.8kg、2.25kg。それぞれ従来機「CF-29」「CF-18」の後継となる。いずれも、90cmの高さからコンクリートや合板の床に落としても壊れない耐衝撃性、日本工業規格(JIS)で定められた「IP54」等級の水準を満たす防塵防滴性能などを特徴とする。

密閉きょう体へのCore Duo搭載を実現、決め手は温度センサー


動作中のCF-30に水をかけるデモ

 従来機からの最大の進化点は、バッテリー駆動時間を従来機と同じ8時間としながら、CPUにCore Duoを搭載したことだ。CF-30はCore Duo L2400(1.66GHz)、CF-19はCore Duo U2400(1.06GHz)を採用している。

 一般にデュアルコアCPUは、従来のシングルコアCPUより消費電力が大きく、発熱量も多い。このためデュアルコアCPUをパソコンに搭載するには、きょう体の熱設計の見直しが必要になる。例えばヒートシンクによる熱伝導、ファンによる空冷、冷却液による水冷などの手段で、CPUから発生させる熱を逃がす設計が欠かせない。しかし堅牢ノートパソコンでは、きょう体内部に水が浸入しないよう密閉構造を採っており、このため一般のノートパソコンより熱設計が困難である。12月5日に発表されたNECの堅牢ノートパソコン「ShieldPRO FC-N21S」では、開発過程でCore Duoの搭載も検討されたものの、発熱量に対し十分な放熱性を確保できないとの理由で、結局シングルコアCPUのCore Soloを採用している(関連記事)。

 今回の2製品のうち、きょう体の表面積が小さいCF-19はShieldPROと同様、デュアルコアCPUの搭載に際し熱設計の課題に直面した。これに対し松下電器産業は米インテルと共同で、きょう体内部の温度管理をきめ細かくする技術を開発し、これを実装することにより乗り切った。


動作中のCF-30を落下させるデモ

 一般にCPUは温度上昇を検出すると、動作周波数を下げることで温度を低下させるよう設計されている。この温度検出機能は、ノースブリッジ(MCH:memory controller hub)に付けられたセンサーが担っている。これに対しCF-19では、ノースブリッジだけでなくメモリーモジュールやパームレストなど、きょう体内部の複数個所に温度センサーを配置した。これにより、従来はノースブリッジが高温になったら無条件で動作周波数を落としていたところを、例えばノースブリッジの温度センサーが高温になっても、メモリーモジュールの動作に支障をきたしたり、パームレストが触れないほど熱くなったりしない限り、動作周波数を下げずに高速駆動を継続する。

 「最近は、工事現場で3次元グラフィックスによる図面を参照したいといったユーザー企業からの要望もある」(松下電器産業 ITプロダクツ事業部 テクノロジーセンター ハード設計第二チーム 主任技師の西松英雄氏)といい、同社では高性能のCPUをいち早く採用することを重要な課題と位置付けていた。CF-19は今後3年程度販売する予定としており、将来的なパソコンの性能向上も意識してデュアルコアCPUの搭載にこだわったと同社では説明している。

蛍光管2灯搭載で輝度向上、 「白色LEDは高温環境にまだ弱い」