PR

 伊仏合弁STMicroelectronics N.V.は,仏Arkamys社の携帯型機器向けオーディオ・アルゴリズム群「Immerse U」のライセンスを取得した(発表資料日本語)。同社のアプリケーション・プロセサ「Nomadik STn8815」に実装する。これにより,1組のステレオ・ヘッドホンまたはスピーカーだけで「自然でリアルなサラウンド・サウンド」の再生が可能になるという。

 このアルゴリズム群は,ゲーム・アプリケーション向けに,3次元位置設定,反響,ドップラー効果などのアルゴリズムも含んでいる。広がりのある自然な音響環境は,ヘッドホンの利用者に起こりがちな“聴き疲れ(listener fatigue)”の軽減につながるとしている。

 Arkamys社は,正式なライセンス契約締結に先立ち,ST社のNomadik用開発ツールを使用して,携帯型機器向けのオーディオ処理技術を開発していた。今後,オーディオ・データの符号化/復号化技術の移植も予定している。

 Arkamys社は,音楽や映画のポスト・プロダクションおよび放送品質のオーディオ技術を背景にしている。DSPのソフトウエア技術者,音響技術者,サウンド・ミキサを含む学際的な研究チームにより,数年間かけてImmerse Uを開発した。音が左右それぞれの耳に到達する際の時間,レベル,周波数応答のわずかな差が脳に及ぼす影響と,それらの差をどのように利用すれば3次元かつ「頭外定位(out-of-the-head)」のリスニング体験を作り出せるかといった基礎的な知識に基づいて構築されているという。