PR

 伊仏合弁STMicroelectronics社は,インドの工科大学2校と共同してチップ設計技術などの研究機関を設立すると発表した(発表資料)。インドのBirla Institute of Technology & Science, Pilani(以下BITS)とIndian Institute of Technology Delhiそれぞれと共同して研究機関を設立する。両校の教員や学生,STMicroelectronics社の社員が参加する共同研究プロジェクトを実施し,学生へのVLSI設計および組み込みシステムに関する知識の普及を図る。設立される両研究機関は,2007年第2四半期までに稼動を開始する予定。

 重点的に研究される分野は,組み込みシステムの汎用IPブロックやVLSIのアナログ/ミックスド・シグナル設計,セットトップ・ボックスや携帯電話機といったマルチメディア端末のハードウエア/ソフトウエア開発,電子透かし技術などのデジタル・データ保護技術,コンピュータによる自然言語の自動認識や内容抽出,人間の感覚器官のコンピュータ・モデリングによる画像,音声,音響などの機械認識だという。

 STMicroelectronics社はハードウエアやソフトウエア・ツール,リファレンス・ボード,特定分野の研究に必要とされる技術パラメータなどを提供する。大学はキャンパス内に研究スペースを提供。共同プロジェクトに参加する教員を任命し,STMicroelectronics社と共同して研究を行う。

 STMicroelectronics社とBITSは,これまでも10年に渡って協力関係がある。BITSの学生は,ノイダとバンガロールにあるSTMicroelectronics社の研究機関で6カ月の実務研修を行うというプログラムに参加している。