PR
検出の安定性を高めた「角型近接センサ GX-8」シリーズ
検出の安定性を高めた「角型近接センサ GX-8」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 SUNXは,検出の安定性を高めた近接センサ「角型近接センサ GX-8」シリーズを発売した。安定検出範囲は0~2.1mm。従来機種の最大動作距離は2~3mmで,バラつきは1mmだったが,GX-8では最大動作距離を2.3~2.7mmとし,バラつきを0.4mm(±8%)に抑えた。

 加えて,部品や設計を見直すことで,温度変化による検出距離の変動を抑制。-25~+70℃での変動を,+23℃のときの検出距離の±8%以内とした。従来は,+15%以内,-10%以内だった。

 取り付け穴は金属スリーブを挿入する方式として,締め付け強度を高めた。締め付けトルクは0.7N・m。筐体を一体成形することで,IEC(国際電気標準会議)規格でIP68,JEM(日本電機工業会)規格でIP68gに準拠する耐環境性能を実現した。そのほか,出力時に点灯する動作表示灯には橙色LEDを採用し,見やすくしている。

 形状は,検出方向が水平/垂直タイプの2種類。それぞれにNPN出力/PNP出力,接近時にON/離れてONタイプなどをそろえる。価格は2300円(税別)。

連絡先:技術相談テレフォンサービス
電 話:0120-394-205
U R L :http://sunx.jp/