PR

 アプリケーションを絞り込んだASSP(application specific standard product)に比べてセルベースLSIは,ユーザーの要求に対する柔軟性の高さを売り込むASIC(application specific integrated circuit)である。ASSPで提供できない多様なチップが,セルベースLSIならば実現できる。NECエレクトロニクスはこの強みを生かそうと,90nm世代のセルベースLSIまでは,動作周波数などが異なる3品種(H:ハイエンド,M:ミッドレンジ,L:低電力)を用意し,多くの応用分野をカバーしてきた。(NIKKEI MICRODEVICES3月号から