PR
EVERPLAYのロゴマーク
EVERPLAYのロゴマーク
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルム,米Eastman Kodak Co.,コニカミノルタフォトイメージングの3社とOSTA(Optical Storage Technology Association)は,画像データの管理規格「EVERPLAY」のライセンス管理および普及推進を,OSTAに移管することで合意したと発表した(発表資料)。OSTAは,光ディスクに関する技術的仕様を提案する団体である。今後はOSTAを通じて,EVERPLAYの国際標準化を目指す。

 EVERPLAYは,CDやDVDなどのさまざまな記録媒体に画像データを記録するためのフォーマット。富士フイルムら3社が2004年9月から策定を進めてきた(Tech-on!関連記事)。画像データにXMLで記述した目次(Indexファイル)と索引(Albumファイル)を加えた構造を持ち,画像データの整理や識別が容易にできる。記録媒体に保存した画像データの共有や素早い検索が可能だという。