PR
小型化を図ったワンセグ受信用モジュール「DTV7-F11D」
小型化を図ったワンセグ受信用モジュール「DTV7-F11D」
[画像のクリックで拡大表示]

 ミツミ電機は,従来品に比べ実装面積を60%削減した地上デジタル・テレビ放送の1セグメント放送(ワンセグ)受信用フロントエンド・モジュール「DVT7-J11D」を発表した(発表資料)。

 多層セラミック基板による小型パッケージを採用した。外形は8.9mm角で,厚さ1.5mm。3セグ放送受信用仕様にも,同一形状で対応する。信周波数は470~770MHz(UHF13~62チャネル),入力インピーダンスは50Ω,最大入力レベルは標準で10dBm,最小受信感度は標準で-98dBmである。制御インタフェースはI2C。消費電力は140mW。