PR

 「機器の省エネルギーや省資源などへのLSIの貢献度を正しく認識すべき」――。そう語るのは,エルピーダメモリ QA Office ECOマネジメントGr. Executive Managerの多田 一洋氏である。

 半導体産業は,LSIの製造時のエネルギーや化学物質の使用量が多いために,環境への影響が問題とされている。しかし,LSIが機器の省エネルギー化や超小型化,省資源化などを推進してきた役割も大きい。

 こうした視点を交えながら,多田氏は3月13日に開催のNIKKEI MICRODEVICESセミナー「LSI工場革新~環境対応が競争力の源泉に~」で講演する。同社 広島工場での環境施策,RoHS指令による化学物質の製品含有データのサプライ・チェーンでの情報共有のありかた,EuP指令への対応などを紹介する。