PR
フィルム電極を使ってコストを抑えながらもカーナビの耐熱/視認性要件を満たしたSMKのタッチパネル
フィルム電極を使ってコストを抑えながらもカーナビの耐熱/視認性要件を満たしたSMKのタッチパネル
[画像のクリックで拡大表示]

 SMKは,上部電極がフィルム,下部電極がガラスの「フィルム+ガラス構成」のタッチパネルに,偏光板,位相差板を張り合わせた「高耐熱フィルム+ガラス低反射タッチパネル」を発売した(発表資料)。車載用途,中でも純正品のカーナビでは-30~+85℃と厳しい耐熱性が課せられ,現在は「ガラス+ガラス構成」のタッチパネルが主流である。今回の製品は,低価格のフィルム+ガラス構成でありながら,構造を改良したことにより,純正品のカーナビにも対応可能な高耐熱を実現した。

 加えて,使用環境上,直射日光の影響を受けるカーナビのディスプレイにも耐える視認性を持たせたという。従来のフィルムは,偏光板を張り合わせると,光の干渉により虹模様が発生し,実用に耐えなかった。新製品では,光学等方性フィルムを採用し虹模様の発生を抑え,その上部に偏光板,位相差板を重ね,内部の反射を吸収することで視認性を高めた。反射率は,フィルム+ガラス構成のタッチパネル品の15%以上に対し,7%と半減以下にしたとする。さらに,アンチリフレクション(AR)処理を表裏に追加したことで,1.5%まで軽減可能という。

 仕様は,透過率73~77%,反射率1.5~11%,使用温度範囲-30~+85℃,保存温度範囲-40~+85℃,直線性±3.0%,ヘイズ値13~17%,表面硬度2H,打鍵寿命100万回などとなっている。製造はフィリピン工場で行い,生産規模は6.5型換算で月産10万台を計画している。なお,この製品はカスタム対応のみとしているため,価格は個別対応とする。