PR

 フルークは,ネットワーク機器の性能監視・管理モジュール「NetVoyant(ネットボイヤント)」を発売した(米Fluke Networks, Inc.による製品紹介)。ルータ,スイッチ,サーバといったネットワーク上の機器の状態を監視するため必要な情報をSNMPを使って取得して提供するもの。収集した情報を可視化して統合管理する環境「EPC(EnterPrise Performance Center)」と併せて利用できる。

 機器の自動検査が可能で,可用性,利用率のデータを取得できる。異常時は,電子メールなどにより通知できる。

 EPCには,アプリケーション・パフォーマンスを監視する「SuperAgent(スーパーエージェント)」,トラフィック解析を行う「Reporter Analyzer(レポーター・アナライザ)」といった既存のツールも組み込める。異なるレイヤの監視情報を1画面に表示して管理でき,レポートも1クリックで即座に得られるとしている。

 価格は,428万円から。初年度1億円の売上を目指す。

「EPC」で見た「NetVoyant」による監視画面例
「EPC」で見た「NetVoyant」による監視画面例
[画像のクリックで拡大表示]