PR

 マイクロソフトがインターネット・サービス事業に本腰を入れている。2007年2月1日には,事業強化のために外部から新たな人材を迎え入れた。同社オンラインサービス事業部事業部長に就任した,前MTVジャパン代表取締役社長兼CEOの笹本裕氏と,オンラインサービス事業部MSNメディアネットワークエグゼクティブプロデューサーに就任した,前AXNジャパン代表取締役社長のSean Chu氏である。

 マイクロソフトは2007年3月2日,インターネット・サービスに関する記者向け懇談会を開催し,両氏が今後の戦略を説明した。

 同社のインターネット・サービスは,ポータル・サイト「MSN Japan」と,インターネットからソフトウエア・サービスを提供する「Windows Live」の2つ軸からなる。ただし,Windows Liveに対しては「位置づけが分かりにくい」との指摘も多い。サービス内容では,検索,メール,ニュース提供など両者で重複する部分も多いからだ。

 この点について笹本氏は,「両者は位置づけがまったく異なる。MSNはユーザーにコンテンツを提供するマスを対象にしたサイトであるのに対し,Windows Liveはサービス提供を主眼とし,ロングテールのユーザー層もカバーできる。広告主から見ても,MSNは商品のブランド価値を高めるのに,Windows Liveは販売促進用と利用の仕方が異なる」と話す。また,Windows Liveについては,「Windowsがパソコン向けOSのプラットフォームとして普及しているように,Windows Liveをインターネット・サービスのプラットフォームとして普及させたい」としている。同社は,MSNとWindows Liveを並存させる方針である。

 インターネット・サービス事業の強化は,WindowsとOfficeといったソフトウエアを事業の柱とするマイクロソフトにとって,ある種の「ジレンマ」を抱えることになる。しかし,米Google Inc.の急成長は同社に多大な危機感を与えたようだ。「ソフトウエアだけでは時代に取り残される。ソフトウエア市場における牙城を守りつつ,広告収入をベースにしたインターネット・サービス事業に本腰を入れていく」(笹本氏)としている。