PR

 米Texas Instruments Inc.(TI社)は,同社の浮動小数点DSPとして最速の350MHzで動作する「TMS320C6727B」を発売した(発表資料日本語)。ハイエンドの音声会議システム,マルチチャネル・オーディオ・システム,オーディオ放送,生体認証および各種産業機器などに向ける。

 275M,300MHz動作品も用意した。適用する機器の設計を変えることなく,処理性能を選択できる。また,既存の同社製浮動小数点DSP「TMS320C6720/6722B/6726B」などとオブジェクト・コード・レベルの互換性を維持した。

 C6727Bは,133MHz動作のシンクロナスDRAMを外付けできる32ビットのDRAMインタフェースを実装している。これにより,より多くのオーディオ・チャネルを処理できるようになり,オーディオ・ミキサやアクティブ・ノイズ・キャンセレーション(ANC)システムなどプロフェッショナル向けのハイエンド品への搭載に耐える高精度・高分解能を実現できるという。さらに,dMAX DMAエンジンを搭載した。

 スタータ・キットとして「Professional Audio Development Kit(PADK)」を用意している。オーディオ・エフェクト処理のデモ・アプリケーションやフレームワークを含み,独自のアプリケーション開発に役立つとする。

 現在サンプル出荷中。参考単価は,275MHz品が16.75米ドル,300MHz品が19.95米ドル,350MHz品が25.95米ドル。PADKは,26万400円。