PR
集中保護機能と電源起動シーケンスを内蔵した6チャネルの電源LSI「BD8611EFV」
集中保護機能と電源起動シーケンスを内蔵した6チャネルの電源LSI「BD8611EFV」
[画像のクリックで拡大表示]

 ロームは,携帯型DVDプレーヤー向けに,集中保護機能と電源起動シーケンスを内蔵した6チャネルの電源LSI「BD8611EFV」を発表した(発表資料)。携帯型DVDプレーヤー向けで集中保護機能を搭載した世界初の製品としている。

 携帯型DVDプレーヤーや携帯型カーナビといった携帯機器では,DSPなどのLSIやアンプ,液晶パネル,ドライバなどに多系統の電源が必要である。従来はいくつかの電源ICを組み合わせ,保護回路も個々に設けていた。このような組み合わせでは,電源のいずれかに異常が発生した場合,システム構成によっては,他回路もしくはシステム全体へ異常が連鎖することもあった。

 これに対し,BD8611EFVは,6チャネルの電源と集中保護機能を1チップに集積している。全電源チャネルにわたって,異常な出力上昇や出力低下,起動不良,過電流,出力短絡,部品外れを監視する。どのチャネルに異常が発生しても全チャネルを一気に遮断する。

 また,BD8611EFVは,電源起動のシーケンスを内蔵しており,例えばDSPコアの動作電圧3.3Vを立ち上げた後に入出力電圧1.8Vを立ち上げるといった,携帯機器に特有の電源起動順序を自動で制御する。これにより,各ブロック間の微妙な起動・停止タイミングを設計することが容易になるという。

 搭載する電源チャネルは,降圧型DC-DCコンバータ回路が2チャネル,昇圧型DC-DCコンバータ回路が1チャネル,チャージ・ポンプ回路が2チャネル,低飽和型(LDO)レギュレータが1チャネルという構成。各出力は外付け抵抗で電圧値の調整が可能である。2セルのLiイオン電池を充電する機能,電力供給経路の切り替え機能も備えた。

 サンプル価格は1000円で,2007年3月より供給を開始する。6月には当初月産80万個の規模で量産を始める予定。製造は,前工程を静岡県のローム浜松で,後工程をタイのROHM INTEGRATED SYSTEMS (THAILAND) Co., Ltd.で行っている。今後も,さまざまな機器に対し,チャネル数や出力値,パッケージなどの異なる電源LSIのラインアップを拡充していく考えである。