PR
リアル3Dマップ BETAで西新宿方面を見たところ
リアル3Dマップ BETAで西新宿方面を見たところ
[画像のクリックで拡大表示]

 カーナビやパソコン向けに地図を提供しているインクリメントPは2007年3月5日,パソコン向け立体地図ソフト「リアル3Dマップ BETA」を公開した。同社の地図ソフト「MapFan Planner」のユーザーであれば,無償で利用できる。

 リアル3Dマップ BETAは,3次元立体地図「MAPCUBE」のデータと,航空・衛星写真,および標高データを組み合わせることによって,リアルな画面を再現している。地図情報はサーバーから随時取得して表示するため,時刻や天候などを反映した表現が可能となっている。

 ビルや建造物を再現するため,建物の3次元データを取り込み,実際の写真をテクスチャとして張り付けている。対応する建物数は約1万5000件。また、地形の3次元表示では,航空・衛星写真と標高データを組み合わせて再現している。