PR
チルトステアリングで上下に調整,テレスコピックステアリングで前後に調整。
ユーザーの体にクルマを合わせることを要求される現在,欲しい装備だ。
ところが,チルトはともかく,テレスコピックがあるのは限られた高価格車だけ。
特に日本でその傾向が強い。
ユーザー本位で考えれば「クルマに体を合わせろ」というのは許されない。
こうした不満を解決でき,しかも原価や剛性を犠牲にしない技術が現れた。

矢實 茂  山田製作所執行役員開発本部技術評価室

 従来の機構はチルトとテレスコピックが別々の機構だった。このためコストがかさみ,テレスコピック機構は高価格車専用の装備だ。トヨタ自動車ではマークII以上,日産自動車ではセドリック/グロリア以上,ホンダではNSXとレジェンド―。

 ところが海外,特にドイツではVolksWagen社の「ゴルフ」,Opel社の「アストラ」といったクラスにもテレスコピック機構がある。この点を見ると日本車は立ち遅れているといえる。原価を低減してテレスコピック機構を一般の車種にも普及させられないものだろうか。

チルト+テレスコでは限界あり

 さらにぜいたくを言えば,現在のチルト機構にテレスコピック機構を加えただけ,つまり現在の高価格車の水準でも不満は残る。例えばチルト。従来のチルト機構は回転中心が決まっている。このため,チルト機構でステアリングを上げると,必然的にステアリングは寝てくる(ステアリングポストは立ってくる)。ステアリングの位置と姿勢が干渉してしまう。これでは最適なポジションを探すのは難しい。理想的なのは,ステアリングの位置と姿勢を独立に調整できる機構だ。チルト〔図(a)〕やテレスコピック〔図(b)〕だけでなく面の調整〔図(c)〕,平行移動〔図(d)〕などもできるとありがたい。

2点固定で回転中心をなくす

 山田製作所はチルトとテレスコピックを一つの機構で実現するステアリングを開発した。途中にジョイントがあるのは従来のチルト機構と同じ。ところが回転中心を決める軸がない。代わりに位置を決めるロック機構が前後2カ所にある。ジョイントより向こう側の軸にスプラインがあって伸縮する。これで,上のシャフトは自由に動き,ロック機構で2点を決めれば位置が決まる。

 この機構ならば自分に合った高さにし,しかも自分に合った向きにできる。具体的な生かし方としてRVがある。RVのようにステアリングポストが立っている場合,太っている人が乗り,ステアリングの上端を合わせると下端が腹につかえる。この機構を使えば,上端を動かさず,下端だけを体から遠ざけることができる。(以下、「日経メカニカル6月号」に掲載)

傾きとリーチを1機構で変えられるステアリングの動作(<A href="573l.mov">クイックタイム ムービー版はこちら (500K)</A>)
傾きとリーチを1機構で変えられるステアリングの動作(<A href="573l.mov">クイックタイム ムービー版はこちら (500K)</A>)
[画像のクリックで拡大表示]
【図】ステアリングの調整 チルト(a),テレスコピック(b),面調整(c),平行移動(d)。
【図】ステアリングの調整 チルト(a),テレスコピック(b),面調整(c),平行移動(d)。
[画像のクリックで拡大表示]