PR
[画像のクリックで拡大表示]

 凸版印刷は,「ディメタライズド・ホログラム」を,偽造防止のために証明書や商品券などの用紙にすき込む(抄造する)微細加工技術を開発した。高度なセキュリティ性が求められる有価証券など向けに,2007年3月6日より発売する。

 ディメタライズド・ホログラムは,ホログラムのアルミ蒸着を部分的に取り除くこと(ディ・メタライズ)で高精細,高精度な文字やパターンを転写するもの。証明書などへの抄造が可能になったことで,ホログラムを用紙と一体化させ,一部分だけ表面に露出させたり,「透かし」のように特殊な陰を見せたりできる。これにより安全性が高まり,偽造が難しくなる。偽造事件が多発している国内主要商品券の偽造防止策や,証紙,証明書などの公的セキュリティ商品,海外向けパスポートなどを中心に拡販を行う。初年度の販売目標は,約5億円。