PR
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,PDP向けの256チャネルの低電力型ドライバICを量産すると発表した(英文ニュース・リリース)。既に量産している192チャネルのドライバICに比べて,パネル当たりのドライバIC使用個数を減らせる。

 同社は,低電力技術として独自方式によるERC(エネルギー回生回路)を搭載した。通常のドライバICに比べて消費電力を35%削減できるとする。ドライバICに同回路を搭載することで,外付けの同様の回路が不要となり,モジュールの小型化が可能になる。

 40型(対角102cm)のフルHD(high definition)PDPで比較した場合,従来の192チャネルのドライバICは16個必要だが,今回の256チャネルのドライバICでは12個で済む。