PR
握手するHuston氏と樋口氏
握手するHuston氏と樋口氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは,2007年3月5日付けで代表執行役兼COOに前ダイエー代表取締役社長兼COOの樋口泰行氏が就任すると発表した(発表資料)。樋口氏は法人・企業・公共機関向けのビジネスとマーケティングなどを統括し,同社の企業向けビジネスの強化を図る。一方,同社の現在の代表執行役社長兼米Microsoft Corp.のCorporate Vice PresidentであるDarren Huston氏は,主に「Xbox」などのコンシューマ向けビジネスとマイクロソフト社内全般を担当し,役割を分担する。同社が外部からCOOを採用するのは初めて。樋口氏は現在のところ,米Microsoft社内での役職に付く予定はないという。

 樋口氏は,日本ヒューレット・パッカード(以下,日本HP)で執行役員インダストリースタンダードサーバ統括本部長や代表取締役社長兼COOなどを歴任。2005年から2006年までは,ダイエーの代表取締役社長兼COO,顧問などを務めてきた。

 会見で樋口氏は,「企業向けビジネスでは製品の技術や品質だけでなく,企業の信頼性が求められる。技術者や営業,サポート体制などを含めて顔の見える企業を目指したい」と述べた。

 マイクロソフトを選んだ理由については,代表執行役社長のHuston氏と以前から面識があり強く誘われたこと,米Microsoft社のChief Executive OfficerのSteve Ballmer氏などと面談して経営方針に感銘を受けたことなどを挙げた。加えて,日本HPなどでの経験などを生かせることが決め手になったようだ。「もう失敗はできないですからね」と冗談混じりに,本音を窺わせる場面もあった。

 代表執行役社長のHuston氏は,「マイクロソフトはデスクトップ・パソコン向けの事業を手掛ける企業だというイメージが強い。樋口氏には,マイクロソフトはサーバー・ソフトやソリューション・ビジネスなども手掛ける企業だというイメージを浸透させることを期待している」と話した。

 また,Huston氏は新OS「Windows Vista」の現在までの売れ行きに対して,「製品販売後1カ月の結果としては満足している。新OSへのバージョン・アップは,アプリケーションとの互換性やエコシステムの確立などが必要で,やるべきことは多い。長期的な視点で考えている」と述べた。

 Huston氏は「樋口氏が次期社長に就任するのでは」という質問に対して,「現在そのような予定はない。10年後に私が社長であるかと聞かれればノーだが,12ヵ月後は私が社長を務める予定だ。しかし,将来的に樋口氏が社長に就任することはあり得る」と説明した。