PR
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は,電動パワーステアリング(EPS)やカー・エアコン向けコンプレッサなどに用いるモータを高精度に制御できるDSP「TMP77FM70TUG」を開発,2007年3月5日にサンプル出荷を開始した。従来,例えばEPS向け電子制御システムでは,システム制御とモータ制御を一つのマイコンで行うことが主流だった。これに対して東芝の開発品は,システム制御とモータ制御の機能を分割し,並列処理を実現する。これによって動作周波数の低周波化による消費電力の低減,機能分割によるパフォーマンス向上,機種展開の容易性など,「効率的な制御とフレキシビリティを備える新しいソリューションを提案する」(同社)という。

 新製品では高速処理を実現するために,命令とデータを同時に参照できる「ハーバード・アーキテクチャ」(プログラム用メモリとデータ用メモリが独立した領域を備える回路構造)を取り入れた東芝独自の16ビットDSPコアを搭載する。さらに,2ユニットのA-D変換器で2系統のモータ電流波形を同時に2μsごとに変換できる。このほか,モータ駆動用の3相PWM回路は最小分解能25ナノ秒で出力可能である。これらの機能によって,モータからの外部信号の入力精度が高まり,かつ出力信号の分解能を細かく設定することで,モータをより精密に制御できる。この結果,EPSの操舵感の向上やカー・エアコンのコンプレッサの振動低減など,車載モータのアプリケーションの高性能化を実現できるとする。

 現在,燃費向上を目指す自動車メーカーでは,従来の油圧式パワーステアリングのように油圧ポンプを駆動する必要がなく,必要なときにモータで駆動力をアシストすることで燃費を改善するEPSを採用する動きが加速している。また,カー・エアコンのコンプレッサでは駆動に最も効率がよいベクトル制御を採用するケースが増えている。このため,3相PWM出力のほかに高速な演算とA-D変換が可能なプロセサへのニーズが高まるなど,より効率的で,より精緻な制御が可能なシステムが求められている。東芝はこうしたニーズに応えるべく,高速積和演算器を備えた16ビットDSPコアをベースに,システム制御とモータ制御の機能を分割した製品を今回開発したという。
 
 サンプル出荷を開始した「TMP77FM70TUG」はフラッシュROMを搭載する。サンプル価格は1500円。2007年12月にはマスクROMを搭載する「TMP77CM70TUG」を,月産10万個体制で量産を開始する予定。