PR
NI LabVIEW SignalExpressで構築したアプリケーション
NI LabVIEW SignalExpressで構築したアプリケーション
[画像のクリックで拡大表示]
アプリケーションを構築している最中の画面。左上のウインドウがメニューとなっている。
アプリケーションを構築している最中の画面。左上のウインドウがメニューとなっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ナショナルインスツルメンツ(本社東京)は,プログラミングせずに計測アプリケーションを構築・実行するソフト「NI LabVIEW SignalExpress(日本語版)」を発売した。プログラミング経験のないエンジニアでも対話形式で,容易に独自の計測アプリケーションが作れる。計測に必要なデータの集録や解析,表示といった機能に加えて,高速ロギング機能も搭載。解析関数も200種類以上備えている。価格は9万8000円(税別)。

 同ソフトは,従来提供してきた計測ソフト構築環境「NI SignalExpress」に,同社の計測・制御アプリケーション構築環境「NI LabVIEW」の計測,解析,レポート生成といった基本機能を融合させてアプリケーション構築を容易にしたもの。NI SignalExpressが持たない高速ロギング機能やユーザー・インタフェース作成機能を備えるほか,対応する計測ハードウエアも拡充している。従来LabVIEWでしか作れなかったようなアプリケーションも,アイコンのドラッグ&ドロップやメニューの選択だけで作成できる。NI LabVIEW SignalExpressで作成したアプリケーションは,LabVIEWのプログラムとしても出力できるため,LabVIEWを使ってより高度なカスタマイズを施すことも可能だ。

 また,同社は同時にUSBタイプのモジュール式データ集録システム「NI CompactDAQ」の新モジュールも発売した。これにより,CompactDAQのモジュールは11種類から30種類に拡大。SignalExpressは,これらUSB対応のモジュール計測器にも対応しており,コンピュータへの接続を自動で検出した後はマウスを2回クリックするだけで計測を開始できる。

 NI LabVIEW SignalExpressは,同社のサイト(http://digital.ni.com/express.nsf/bycode/jpmybg/)から無償の評価版をダウンロード可能。30日間は全機能を利用できる。評価期限を過ぎても,解析関数やアラーム,イベントなどの機能を持たない機能限定版の「NI LabVIEW SignalExpress LE」として使える。

連絡先:日本ナショナルインスツルメンツ 営業部
TEL:0120-527196
メール:salesjapan@ni.com