PR

 日本精工とインドのABC Bearings社(ムンバイ市)は、インドで軸受を生産する会社の設立に関して基本的に合意した。両社は、チェンナイ市近郊で自動車用の軸受を生産し、インドにある日系をはじめとした外国資本系、また現地自動車メーカー向けに製品を供給する体制を構築する。ABCは、インドの中堅軸受メーカーで円すいころ軸受、円筒ころ軸受を中心に生産販売しており、特にトラック向け円すいころ軸受での現地シェアは50%を超えている。

 NSKはABCに対し1998年から軸受の技術支援をしていたが、この度、両社は自動車用軸受を本格的に生産する合弁会社を設立する。会社名はNSK-ABC Bearings Ltd.、資本金は5億ルピー(13億円)、出資比率はNSKが75%、ABCが25%、所在地はタミルナドュ(Tamil Nadu)州、チェンナイ市近郊のシップコット工業団地(SIPCOT Industrial Park, Sriperumbudur)。生産開始は2008年1月、生産品目は軸受、ハブユニット軸受、変速機用玉軸受、電磁クラッチ用軸受など。投資規模は、当面5億ルピー(13億円)、2010年までに合計8億ルピー(20億円)程度。