PR

 韓国Samsung Electronics Co., Ltd.は,中国・蘇州のSamsung Electronics SuzhouLCD社(SESL)で,液晶モジュール・ライン第2棟の起工式を開催したと,7日に発表した。

 SESLの第2棟は,Samsung Electronicsが1288億ウォンを投資して建設する。SESLの第1棟では,ノート・パソコン(PC)向け,デスクトップPCモニター向けの液晶モジュールを中心に生産してきた。SESLは9月から第2棟を本格的に稼働させて,2008年末までに200万枚/月の生産体制を整える予定である。生産能力は,第1棟の300万枚/月を合わせて500万枚/月まで増加する。(この記事の詳細はhttp://www.devicetimes.com/を参照)