PR

 米Synopsys, Inc.は,富士通が65nm世代のASICおよびSiファウンドリ(COT)事業で,Synopsysのタイミング解析ツール「PrimeTime」とパラメータ抽出ツール「Star-RCXT」をサインオフ・ツールとして採用したと発表した(日本語版ニュース・リリース)。

 富士通は90nm世代の両事業でもPrimeTimeをサインオフ・ツールとしていた。Star-RCXTについては使ってはいたものの,サインオフ・ツールではなかったようだ。65nmでは上述した通り,両ツールがサイン・オフ・ツールとなった。ニュース・リリースには,富士通の市野尚治氏(電子デバイス事業本部 デザインプラットフォーム統括部 統括部長)のコメントが紹介されている。