PR

 旭硝子の子会社であるベルギーGlaverbel SAは現地時間の2007年3月13日,欧州委員会から「異議告知書」を受け取ったことを明らかにした。

 異議告知書とは,独占禁止法違反の疑いについて当局の暫定的な見解を示して当事者の意見を求めるもの。Glaverbel社は,建築用の板ガラス事業で欧州市場においてカルテルを結んだ疑いで,2005年2月22日と同23日に当局の立ち入り調査を受けていた。