PR

 シャープは,Blu-ray DiscやHD DVDの記録再生装置に向けた青紫色半導体レーザ「GH04P21A2G」を開発した。今回の開発品は,駆動電流160mA,25℃でのパルス発振時の光出力は210mWに達し,業界最高水準という。連続発振時の光出力は駆動電流110mA,25℃で105mW,駆動電圧は5.3V,発振波長は406nmである。光出力を高めたことで,「2層ディスクに4~6倍速で記録できる」(同社)とする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料