PR
gooウェブデスクトップ
gooウェブデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

 ポータル・サイトの「goo」を運営するNTTレゾナントとNTTコミュニケーションズは2007年3月15日,WWWブラウザーをさまざまな作業をするための環境(デスクトップ環境)として利用できるようにするサービス「ウェブデスクトップ」の実証実験を始めると発表した。実験期間は本日から2007年9月までの約半年。NTTレゾナントの実験サービス用サイト「gooラボ」のメニューの一つとして利用できる。

 作業状況や設定などはサーバー側に保存される。このため,ある場所で実行した操作状況を一度中断し,別の場所に行って作業を再開する際に,自分のパソコンを持ち歩く必要がない。対応しているアプリケーション・ソフトウエアとしては,(1) 一つのキーワード入力で画像,ブログ,WWWサイトを同時に検索する「ウェブ検索」,(2)「gooメール」を利用したメール・クライアント,(3)サーバー上に格納したファイルの管理,(4)スケジュール管理,(5)画像共有サービス「OCNフォトトレンド」へのアクセス機能を用意する。対応ブラウザーはInternet Explorer 6.0または7.0。

 Ajax技術の登場に伴い,WWWブラウザーを一種のOSとして,さまざまなプログラムを実行する環境を作ろうとする試みはいくつか始まっている。米StartForce社の「StartForce」や米WebShaka社が運営する「YouOS」などだ。これらはAPIを公開することで,より汎用性の高いデスクトップ環境を実現する試みとなっている。