PR

 SMKは,小型USB規格Micro-USBのBタイプに準拠した形状のコネクタを発表した(発表資料)。Mini-USBのBタイプ準拠品に比べ,体積が60%小型という。USB 2.0 Hi-Speedに準拠し,高速伝送および充電を可能としている。

 レセプタクル,プラグとも,挿抜寿命は1万回。レセプタクルは,標準,リバース,基板落とし込みの3種類を揃えた。抜去力は8N以上,接触抵抗は30mΩ以下としている。

 Micro-USBはMini-USBの次世代規格で,USBの標準化団体である米USB Implementers Forum, Inc.(USB-IF)が,2007年1月4日に仕様策定を終えたと発表している(発表資料のPDF)。Micro-USB準拠のコネクタは,Micro-USB仕様を提案したというヒロセ電機も規格化終了直後に発表していた(関連記事)が,SMK,ヒロセともに発売は2007年5月の予定。

Micro-USBのBタイプに準拠したSMKのコネクタ
Micro-USBのBタイプに準拠したSMKのコネクタ
[画像のクリックで拡大表示]