PR

 日立製作所は,車内LAN(local area network)のインタフェース規格の一つである「CAN(Controller Area Network)」に対応した384kバイト・フラッシュEEPROM内蔵32ビット・マイコン「SH7054F」を開発,2000年3月にサンプル出荷を開始する(発表資料)。同社はこれまでにも2チャネルのCAN,512kバイト・フラッシュEEPROM,32kバイトRAMを内蔵した32ビット・マイコン「SH7055F」を製品化している。今回,縮小版を発売することでラインアップ拡充を図る。

 1チャネルのCAN,384kバイトのフラッシュEEPROM,16kバイトのRAMを内蔵する。電源電圧は+5.0V±0.5Vと+3.3V±0.3Vの2電源。周辺のI/O端子は+5.0V,CPUやバス・インタフェースは+3.3Vで動作する。最高動作周波数は40MHz,処理速度は52MIPS。外部メモリのデータ・バス幅は8ビットまたは16ビット。208ピン・プラスチックQFP封止。サンプル価格は3900円。

 このほか,256kバイト・フラッシュEEPROMと16kバイトRAMを内蔵した32ビット・マイコン「SH7053F」,同256kバイト,同12kバイトを内蔵した同「SH7052F」発売する。サンプル価格はそれぞれ3800円,3700円。