PR

 米Adobe Systems社は2007年3月19日,WWW技術を利用したアプリケーション・ソフトウエアの実行環境「Apollo(開発コード名)」のアルファ版を公開した。Apolloは言わば,Web向けのリッチ・コンテンツをそのままアプリケーション・ソフトウエアとして利用できるようにする技術。例えば株価の推移や最新のニュースなどを,WWWブラウザーを利用することなく取得するアプリケーション・ソフトウエアを,実行プラットフォームに依存しない形で構築できる。

 これまでWindowsやMacintoshなどで動作するアプリケーション・ソフトウエアを開発するには,個々のOSが備える専用のAPI(application programming interface)を理解し,それぞれの作法にあった形でプログラムを記述しなければならなかった。Apolloを使えば,こういった実行プラットフォームに依存しない形でアプリケーション・ソフトウエアを開発できる。具体的には,WWWの標準記述言語であるHTMLとCSS(cascading style sheet),JavaScriptのほか,同社のFlash技術を利用してアプリケーション・ソフトウエアを開発できる。こうしたWWWで使われてきた技術を利用するので,インターネット・コンテンツを開発してきた経験をそのままアプリケーション・ソフトウエア開発に生かすことができる。

 Apolloで記述したプログラムを実行するには,同社のFlash PlayerやAdobe Readerと同様に,Apolloの実行環境をあらかじめクライアントにインストールしておく。Apolloランタイムの大きさは,現在のところ6Mバイト程度。WWWブラウザー並みにJavaScript実行環境や表示環境を含んでいるためだ。Flash Playerは携帯電話機向けに専用の「Flash Lite」を用意しており,Apolloも将来的にモバイル環境専用のLite版が提供される可能性は高い。