PR

 コニカミノルタホールディングスは,事業会社コニカミノルタオプトの光学事業の研究開発を強化する目的で,大阪狭山サイト(大阪府大阪狭山市)に新棟を建設する(発表資料)。投資額は約40億円。

 大阪狭山サイトに,伊丹サイト(兵庫県伊丹市),堺サイト(大阪府堺市)の光学事業に関する研究開発機能を移管し,3拠点に分散していた機能を集約することで開発力の強化を図る。この研究開発棟で注力するのは,ガラス・モールド製品群。プリズムや,デジタル・カメラ向けのレンズなどだ。

 新棟は2007年7月に着工,2008年2月に稼動を始める予定。技術者を中心に約400人の従業員が研究開発や生産技術開発,初期生産にあたる。