PR

 CGコンテンツやゲーム・コンテンツの開発を手がけてきたスプリュームは2007年3月20日,3次元空間を仮想人格(アバター)が移動し,チャットによる対話などでコミュニケーションを取れる仮想環境「splume」のベータ版を公開した。大きく,仮想空間におけるアバター「HUB」と,仮想空間ブラウザー「CRブラウザ」から成る。HUBとCRブラウザの利用は無償。

 一見すると,米Linden Research社の「Second Life」と似ているが,splumeでは任意のユーザーが任意のWWWサーバーに,自分が開発した仮想空間を置ける。「Second Lifeでは運営者が提供する仮想空間に限定される。言わば,Microsoft社のInternet Explorerで閲覧するサイトを構築するのに,Microsoft社からサイトを構築するサービスを購入するようなものだ。splumeはインターネットと同じように,オープンに公開している。実際,アルファ版参加者の家庭の主婦が無料ホスティング・サービスを利用して自分の空間を公開している」(代表取締役の梶塚千春氏)。

 複数の空間をつなぐ「空間リンク」という考え方を取り入れている。言わばWWWにおけるハイパーリンクに相当するものだが,見かけ上連続した空間としてユーザーには見える。リンク先の空間へ向かって「歩いて」いくと,自動的に別の仮想空間に移動する。splumeではWWWブラウザーにおけるアドレス・バーと同じように,URLを直接入力しても移動できる。仮想空間はVRML(Virtual Reality Modeling Language)ベースの独自言語で記述する。オープンに空間を構築できる点と,空間をリンクできる特性から,「次世代のWWW」(梶塚氏)を目指すという。

 アバターが身につける衣服などはスプリュームのサーバーが一元管理している。ユーザーがアバターを着替えさせたり,キャラクタを変更するためのパーツなどはスプリュームが有償でユーザーに販売する。また,この仕組みを使って仮想空間を作りたいという企業向けのコンサルティング・サービスなどを事業に結びつけていく考えである。また,オーサリング・ツールを夏に公開する計画があるという。