PR

伊仏合弁STMicroelectronics N.V.は,利得帯域幅積(GB積)が高いレール・ツー・レールのオペアンプ2つのファミリ「TSV911/912/914」と「TSV991/992/994」を発売した。TSV911/912/914はGB積8MHzのもの。最大200pFの容量性負荷で安定した単位利得を示すという。TSV991/992/994は,利得3以上でGB積は20MHz。小型で,速度対消費電流比に優れるとしており,センサ信号調整用途や,電池充電アプリケーション,各種携帯機器用アプリケーションに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料