PR

 本田技研工業は,米General Motors Co.が現在行なっているクルマ向け情報提供サービス「オンスター」を採用,展開する。

 オンスターはGPSを使い,事故などの緊急時に車両の位置情報を自動的にセンタに通報するほか,衛星ラジオなどを通じてさまざまな情報をドライバに提供するサービスである。ただし,本田が今回サービスを始めるのは「本田が米国で発売するクルマだけが対象」(同社広報部)で,4月13日付の日経新聞が報道した「日本や欧州でもサービスを開始する方針」ということに関しては「いまのところ予定はない」と否定した。

 なお,米国でのサービス開始時期や対象車種などについては未定という。また,「GM社にカーナビ技術を提供することも検討している」との報道も「そういった事実はない」と否定した。