PR

中部電力,熊谷組と,信州大学 工学部 教授の山下 恭弘氏は共同で,音の発生方向を特定し,視覚的に表示する“音カメラ”と呼ぶシステムの即時性向上に成功したと発表した。モニタに映し出された物体が音を発すると素早く,音の発生方向,大きさ,周波数といった情報を重ねて表示するという。騒音調査や設備機器などの発する音の常時監視といった用途に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料