PR

中部電力,熊谷組と,信州大学 工学部 教授の山下 恭弘氏は共同で,音の発生方向を特定し,視覚的に表示する“音カメラ”と呼ぶシステムの即時性向上に成功したと発表した。モニタに映し出された物体が音を発すると素早く,音の発生方向,大きさ,周波数といった情報を重ねて表示するという。騒音調査や設備機器などの発する音の常時監視といった用途に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になれば
今なら「綱渡りの楽天携帯」「Road to 6G」など
モバイル・通信関連記事が無料で読み放題!
12月22日まで
モバイル・通信関連のお薦め記事一覧

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中