PR

 米Micron Technology, Inc.は,2007年3月22日,中国の西安に半導体製品の組み立てとテストを行う新工場を開設したと発表した(発表資料)。この工場は,同社が中国に設置する初めての製造施設となる。DRAM,NANDフラッシュ・メモリ,CMOSイメージ・センサなどの半導体製品の組み立てとテストを行う。2008年末までに竣工予定。総工費は2億5000万米ドル。最大2000人のスタッフが運営に当たる予定だという。

 同社は1998年にシンガポールに工場を開設しており,西安の工場はアジアにおける同社の2番目の組み立てとテストの施設となる。同社は,2001年に初の中国拠点となる厦門事業所を開設。その後,上海や北京,深センに拠点を設置して,中国全土で管理や営業,マーケティングなどを行う態勢を整えた。上海にはICの設計拠点も置いている。