PR

 民事係争中の米Avant! Corp.と米Cadence Design Systems, Inc.の両社に対して, 和解の協議をもつように連邦地方検事から勧告を受けたと,Avant!社が発表した(リリース文)。Cadence社が同社の自動配置配線(レイアウト)ツールのコードが,Avant!社の製品に不法にコピーされていると訴えている民事訴訟である。

 Avant!社の発表によれば,同検事は,両社が納得する調停者をたて,ただちに和解協議を始めるように勧めているという。同訴訟に関して,Avant!社の製品の販売停止命令と回収命令がこれまでに2回出ている(関連記事)。また,Avant!社の幹部などが企業機密の社外持ち出しで刑事大陪審から訴えられている(関連記事)。