PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ケンウッドは,Bluetoothに対応したカー・オーディオの開発に着手したと発表した。携帯電話機や車内に取り付けたマイクロフォンと,カー・オーディオとの間の通信でBluetoothを用いる。

 すでに試作実験を終えており,商品開発に向けての基礎的な技術検討が完了したという。試作したシステムは,Bluetooth対応アダプタを接続したハンズフリー対応のカー・オーディオ,同アダプタを接続した携帯電話機,Bluetooth用送受信モジュールを内蔵したマイクロフォンで構成される。

 このシステムを用いて,たとえばマイクロフォンとカー・オーディオ間,携帯電話機とカー・オーディオ間での音声データの送受信,携帯電話機で受信したメールや電話帳などのデータをカー・オーディオに転送といった実験を行なった。ケンウッドでは今回の実験結果などを基に,商品開発を進めていく計画。なお,写真中のカー・オーディオ「DPX-9100MJi」は今回の実験のために使用しているもので、市販モデルとは仕様が異なる。

[画像のクリックで拡大表示]